› 今日のてふてふ › 出来事 › 少しでもお役に立てれば

2011年01月08日

少しでもお役に立てれば

今日は鹿児島市内の献血ルームへ行ってきました



「私たちでも世の中の役に立てることをしよう」という嫁の提案で

2年前から始めた献血デート

久しぶりに行ってきました

お天気もよく、桜島もちょっとだけ見えてます(写真)


私たちの日常にはいろんなことが日々起こっているわけで

上を見ても、下を見てもきりがありません


でも「健康」が一番大事なことですから

私たちは、その点贅沢なくらい健康ですから本当に感謝です


今日は私の大好きな兄弟の、たしかお兄ちゃんの誕生日ではなかったかと

ふと思い出しました

「おめでとう~♪」

以前、このお兄ちゃんが「オジサーン」と抱きついてきたとき

私の耳元で言った言葉がとても印象に残ってます

このときは久しぶりに会ったときでして

「オジサン、いつから会ってなかったー?」と寂しそうに聞きました

思わず私は「ごめんね」と答えました

まるで恋人同士のような会話です

もちろん私は親戚の叔父さんでもなく、ただのお店のオジサンなんですが

子供には子供の素直な世界があります

私も子供の頃、毎日通った「床屋さん」がありましたので

なんかわかる気がします


毎日10円持って床屋に行ってました

ちゃんと順番がくるまで待って

呼ばれたらイスに座って散髪のまねだけしてもらっていたそうです

終わると10円を払って、そのとき3枚入りのガムをもらうのが楽しみだったようです

もちろん子供ですから、ガムが楽しみではあったと思いますが

私のことを可愛がってくれた、この「床屋のオジサン」

今では、この「オジサン」の気持ちがわかる年齢になった私です


人は学んだ範囲でしか行動できないものと

以前読んだ本に書いてありましたが

それは「学べば学ぶだけ可能性が広がる」ということだと思います


みつごの魂、百まで と言いますが

40年以上経っても「床屋のオジサン」は私の中で今でも「オジサン」です

1日も早く店舗をオープンさせ

この兄弟との再会を心から楽しみにしています


少年よ、いっぱい遊んで、いっぱい怒られて、

お兄ちゃんだから弟の分まで怒られる時もあるけど

友だち100人めざして走りまくれ~

オジサンはどんな時でも味方だからね


同じカテゴリー(出来事)の記事画像
看板 第二弾
看板
棚できました~
クラフトアート展
もちろん手づくり!
新店舗~
同じカテゴリー(出来事)の記事
 看板 第二弾 (2013-10-21 21:14)
 看板 (2013-10-20 19:26)
 棚できました~ (2013-10-14 19:11)
 クラフトアート展 (2013-10-14 08:29)
 もちろん手づくり! (2013-10-13 21:07)
 新店舗~ (2013-10-13 08:02)

Posted by てふてふ旦那 at 17:43│Comments(8)出来事
この記事へのコメント
素敵なお話ありがとうございます。今入院中の子供を看病中で疲れなのか私まで頭痛でダウンしてます。毎日てふてふさんのブログ見させていただいてます。お互い大変な時期ですが頑張りましょうね。
応援してます。
Posted by もみきさんちのatasi* at 2011年01月08日 18:08
もみきさんちのatasi*さん

コメント有難うございます

そうなんですね

子供は何でもお見通しです

お母さんがダウンしてたら

お子さんはもっと辛くなってしまいます

無理せず気持ちのスパンを長く持って

まずはご自身の体調を整えてくださいね


母親の愛情より強いものは

この世の中に存在しないと私は思います

お母さんの笑顔が一番子供の宝物なんです

フレー、フレー、お母さん!

頑張ってください
Posted by てふてふてふてふ at 2011年01月08日 18:35
てふてふさんありがとうございます
夜食にとんかつを出前してもらったら復活しました。あと旦那サンからの差し入れも・・・・
お店OPENされたらお邪魔させていただきますね。
Posted by もみきさんちのatasi* at 2011年01月08日 21:24
もみきさんちのatasi*さん

良かったです~

現実は厳しい問題が色々ありますが

とにかく頑張ります

あきらめない限りは大丈夫だと思ってます

お会いできる日を楽しみに頑張ります
Posted by てふてふ at 2011年01月08日 22:06
てふてふさん
このような状況の中で、何も申し上げることが出来ず大変心苦しく思っていました。
この度は大変なご迷惑をおかけして本当に本当に申し訳ありません、今までのお礼もお詫びも何と言っていいのかわからなくて。

そのような中、息子のこと気にかけてくださりお礼の言葉もありません。

ただ、ひとつ言える事は、
私は義父の人間性を心から信頼し尊敬しています。それは今もそうだしこれからも絶対に変わることはないと。

本当に本当に申し訳ありませんでした。
Posted by sawa at 2011年01月09日 08:42
sawaさん

コメントしていただき、本当にありがとうございます

大変つらい状況だったでしょう

コメントの内容、全てその通りだと思ってます

これまでも、これからも、私は大丸さんへの感謝は変わりません

思うに、決断までの相当なご苦労

そして決断後の、想像を超える各方面への対応

従業員やお客様のこと、また取引先のことを考えた時の苦しいお気持ち

お身体が心配です

どうにもならない状況があり、どうすることもできなかったという事実は

誰もが理解して下さることだと思います

問題は情報が情報を作り出し、しかも想像も出来ないほどの多量の情報によって

会長のお気持ちが聞こえてこないという ことなんだと思います

とにかく、気合い入れて頑張っていただきたいと思っております
Posted by てふてふ at 2011年01月09日 09:38
本当にお世話になります。
私も同じ考えで、献血に行きます。
この状況の中でも実行できる、てふてふさんご夫婦は
言葉に出来ないくらい素晴らしいと思いました。
色んな方への気遣いも含め、頭が下がります。
こちらでは、あまり情報が入らないので、
とても歯がゆい思いでいます。
これだけ頑張っているてふてふさんだもの、
きっと奇跡は起こると思います。
努力は必ず報われるモノです。
私はそう信じています。
寒い季節です、お体に気をつけて頑張って下さいね♪
遠い所からですが、応援しています。
Posted by こみち at 2011年01月09日 15:37
こみちさん

ありがとうございます

毎日、作家さんやお客様はじめ
たくさんの方に元気をいただいております
有難い気持ちでいっぱいです
とにかく出来ない事を「できる」とは言いませんが
「できる」という信念が
皆さんからの励ましで、確信へと変りつつあります
もうしばらく待っててください
Posted by てふてふてふてふ at 2011年01月09日 16:53
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
少しでもお役に立てれば
    コメント(8)