› 今日のてふてふ › 2011年01月14日

スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2011年01月14日

新店舗へ向けて

『ギャラリーてふてふ都城東町店』

3月3日のOPEN予定で準備を開始しました~

現在も新規出展者を募集しております♪

これまでご出展いただいた作家さん24名は

みなさん継続いただくことになりました~♪

新規の作家さんが現在4名ですので、計28名

一次募集は30名~40名を目安にしていましたので

ご希望の方はお急ぎくださいませ^^


<一期一会>

素敵な作品の発表の場として

素敵な作品との出会いの場として

たくさんの笑顔と出会えますように

お客様はもちろんのこと

作家さんにも喜んでいただきたい

そんな「てふてふ」であり続けたいと思います


これまでの作品お嫁入り総数はちょうど2800点!!

素材を合わせると4000点を突破しております


詳しいOPEN情報は今後もブログを中心にお知らせしていきます♪

どうぞよろしくお願い致します~




写真は、以前センターモールで開催した「手作り雑貨マーケット」での

marianneさんのブースです


年末に特注の花飾りを3点ご予約いただいたお客様と連絡がとれまして

大変喜んでいただきました~

近日中にお渡しできると思います^^


みなさんに喜んでいただけることが「てふてふ」の喜びです♪








  

Posted by てふてふ旦那 at 23:44Comments(0)お知らせ

2011年01月14日

債権者説明会

昨日、都城大丸民事再生法適用申請にともなう

債権者説明会に行ってきました

まず、代表者の謝罪に始まり

今回に至った経緯の説明がありました

内容は新聞やニュースでの報道のとおりです


82年という歴史ある都城大丸

地域の人々に愛され

過疎化、高齢化という社会現象の中で市街地活性化の核として

大きな期待と責任、使命を背負い続けてきたことが想像されます


私は純粋に「商い」というものに深い興味を

子供の頃からもっておりました

きっかけは一冊の本で読んだ

「松下幸之助」という人物との出会いでした


母親の元を9歳で離れ、

丁稚奉公として働き始めるわけです


後に松下電器を起こし、ナショナル、パナソニックとして

日本で、世界で、人々の暮らしに役立つ会社に発展していきます


82年前、大浦福一という人物が

都城の地域発展のために

人々の暮らしに役立つように

地域の人々に喜んでいただけることを思い

何も惜しまずに必死に働いたことと

私は想像します


私は地元の人間ではありませんし

あくまで想像ではありますが

そう思います


この世の中、「会社」というものは数え切れないほどありますが

以前、経営セミナーで聞いた記憶では

30年以上継続される企業は全体の1割程度と


それだけ時代に即した対応や

創業者精神の継続

組織が拡大する中での従業員への教育など

難しい問題点が存在することと思います


もちろん、後発者との競争、大手資本との競争

社会全体の景気の動向

きれい事では済まない現実問題があります


決して都城大丸を擁護する意味で書いているわけではありません

多大な債権により、多くのお客様、取引先に迷惑をかけた事実は

何の理由も通用しません


私はこの今日のブログで

この今回の出来事を一度引き出しの中に入れます


ぜひ再建していただきたいと思います


私が最後に思うのは

連日、関係者への問い合わせに対応されるのが精一杯で

お客様をはじめ、地域の方々、関係者の方々に対する気持ちを

伝えることが思うようにできない状況であろうということです

とにかく、「健康は一生の宝」です

お体に気をつけてリーダーシップを発揮していただきたいと思っています



私もたくさんの方々のお気持ちを胸に

精一杯頑張っていきます









  

Posted by てふてふ旦那 at 00:19Comments(0)出来事